たったこれだけ!今すぐ英語の”r”の発音を良くする方法!

みなさんこんにちは!

レモンティーです!

 

今日は、発音についてのお話をしようと思います!

特に、日本人が苦手とされている”の発音です!!

”L”と”R”の違いがわからない、正しく発音できない、、などなどそんなお悩みを持っているあなた!!

今日でスッキリ解決してしまいましょう^^

過去記事「留学経験ゼロで発音がネイティブレベルと言われた私の練習法」を読みたい方はコチラ




”r”の発音は舌を巻くのではない

中学校、高校での英語の授業の時に、「”r”は舌を巻きましょう」と言われたことはありませんか?

私もかつてそのように教わっていましたが、舌を巻くって一体なに!?と疑問に思っていました。

先生が黒板に絵で描いて見せても、みんないまいちピンとこず・・

 

ちなみに、この2つの単語を見てみましょう。

light (光)

right (右)

この2つ、カタカナで読み方をつけるとしたら、両方「ライト」ですよね。

しかし、普段私たちが使っている「ラリルレロ」は”L”の音に近いんです。

 

じゃあどうしたら正しい”r”の音が出せるのか。

実は、一生懸命練習なんかしなくても簡単にできちゃいます!

それは、

 

1番最初にかすか~に「ゥ」を入れることです!!

みなさんも一度発音してみましょう。

light → イト

right → イト

どうですか?

最初、口の形を「ウ」にすることによって、その後の”r”がちょっとくぐもった感じになりますよね。

それが正しい”r”の発音なんです。

 

”r”は舌先がどにも触れない

日本語のラ行とほぼ同じ発音の”l”ですが、こちらの舌の動きも見ていきましょう。

まず、「 ラ リ ル レ ロ 」と言ってみて下さい。

必ず舌先が上に触れないと、この音は出せませんよね。

 

しかし、”r”を発音するときは

舌先がどこにも触れない」んです!

それでは、舌先をどこにも触れさせずに「ラリルレロ」と言ってみましょう!

そうすると、

ラ リ ル レ 

と「」がかすかに入り、くぐもった音になりませんか?

これが”l”と”r”の発音の違いなんです

これを意識してみると、簡単に”r”の発音ができるようになります。

 

それではいくつか練習してみましょう。

1. read

2. lead

3. rice

4. lemon

5. river

きちんと発音できましたか?

L →「ラリルレロ」がクリアに聞こえる
R → 最初に「」がかすかに入り、くぐもった音で聞こえる

この違いがはっきりしていれば、もう”r”と”l”の発音は完璧ですね!

 

「発音」に関するおすすめ書籍

・世界一わかりやすい 英語の発音の授業

人気英語講師、関先生の書籍です。「発音の法則」を身につけ、よりネイティブに近い音の出し方が学べます。また、なぜそのような発音になるのか、などの疑問に対する答えもしっかりと書かれています。

 

・英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

ネイティブ並の発音と、リスニング力を同時に身につけられ、TOEIC等のリスニング対策にも最適です。好みの歌や会話を繰り返し聴くことで英語脳を作り、リスニング力アップを図ることができます。

 

終わりに

英語はもはや、ネイティブ以上に非ネイティブの人々が使っている時代となりました。

なので、英語の発音はものすごーーーく訛っていたり、全く聞き取れなかったり、一人ひとりによって全く違うんです。

海外にいたときは特にそう感じました。

しかし、考えてみて下さい。

私の友達は英語がとてもよくできます。しかし発音が訛っているので何を言っているのか全くわかりません。

これは実際に留学中にあった話なのですが、1番上のクラスでテストの成績もよく、英語もドイツ語もペラペラ。

でも何を言っているのかさっぱりわからない、という男の子がいたそうです。

結局英語とは「意思疎通のための単なる手段」であるため、どんなにペラペラで成績が良くても、相手に伝わらないと意味がないんですよね。

1度、発音についてじっくり勉強してみるのもおすすめですよ!


タイトルとURLをコピーしました