ひと言英会話:お先にどうぞ

 

 

トイレで並んでいるとき、ドアを開けようとしたとき、様々なシチュエーションで出てくるのが、”お先にどうぞ”。日本でもよく使いますよね。

 

これ、英語でなんて言うか知っていますか?

 

正解は、

 

After you :お先にどうぞ

です!!

After you 使い方

 

海外ドラマで聞いたこともあるかも⁈という方もいらっしゃると思いますが、よく使われているフレーズですね!

After:~の後

you : あなた

直訳すると”あなたの後に”、つまり、「あなたの後で良いですよ」となります。

 

その1. トイレに行きたいレモンちゃん

 

レモンちゃん
レモンちゃん

あああああああああ!トイレ漏れちゃうわああああああ!!

アップルちゃん
リンゴちゃん

Ohhhhhhh‼After you‼ (まじかー!お先にどうぞ!)

レモンちゃん
レモンちゃん

なんて優しいりんご! Thank you so much!!!

その2. ドアが開くと譲り合う2人

 

レモンちゃん
レモンちゃん

After you! (お先にどうぞ)

アップルちゃん
アップルちゃん

No, After you!(いやいや、お先にどうぞ)

レモンちゃん
レモンちゃん

Oh,no,no,no. After you!!!(いやいやいやいや!お先にどうぞ!!!)

こんな感じであっという間に譲り合いができちゃいます!(笑)

 

海外ではよく男性が女性に対して、”After you”と譲ってくれる場面が多かったです!

私は、トイレに並んでいるとき急いでいたわけではないですが、おばちゃんに何故か譲られました(笑)

Go ahead 使い方

もう一つ、同じような意味で、Go ahead があります。

Go ahead : いいよ、どうぞ

こちらはもうちょっとカジュアルな感じです。

 

レモンちゃん
レモンちゃん

Can I borrow your bag?

(あなたのカバン借りてもいい?)

アップルちゃん
リンゴちゃん

Sure. Go ahead.(ええ、どうぞ)

 

とても簡単ですぐに覚えられるフレーズなので、是非使ってみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました