ひと言英会話:臨機応変に、成り行きに任せましょう。

みなさんこんにちは!

レモンティーです!

 

今日のテーマは、「臨機応変に、成り行きに任せて」を英語で言うとどんな表現になるのでしょうか?

日本語でもちょっと難しい単語ですよね。

ちなみに私は、臨機応変に行動するのは苦手です。(笑)

それでは早速見ていきましょう!

「あなたはなぜ英語が話せないのか?語学習得における3つのこと」を読みたい方はコチラ



英語で「臨機応変に」

play it by ear:臨機応変に、成り行きに任せる

まず、ネイティブが良く使っているフレーズ「play it by ear」です。

この表現は、「耳で聞いて演奏する」という意味が込められており、いわゆる「耳コピ」というやつです。

実際には、その場に合わせて状況を進めたり、成り行きに任せるという意味でもよく使われ、ビジネスシーンでもよく聞くフレーズとなっています。

 

・Let’s play it by ear.:成り行きに任せましょう。

・I’m going to play it by ear.:状況に応じて、臨機応変に対応します。

 

いちごちゃん
いちごちゃん

Should we head for the mountains or the beach this weekend?

(今週末、山へ行く方がいいかしら、それともビーチがいいかしら。)

リンゴちゃん
リンゴちゃん

Let’s just listen to the weather forecast on Friday and play it by ear!

(金曜日に天気予報を聞いて、成り行きに任せよう!)

 

flexible:柔軟な、融通の利く

みなさんは、フレックスタイムという言葉を聞いたことはありませんか?

ほとんどの会社の労働時間が、9時-18時だと思いますが、フレックスタイム制であれば、出社時刻や退社時刻を自由に決められる勤務体制のことです。

なんて柔軟な、融通の利く勤務体制なのでしょう!

ということで、このフレックスというのは、英語の「flex」からきています。

「flexible」はその形容詞になります。

 

・We can be flexible about your starting date.:あなたの開始日については、こちらとしても柔軟に対応できます。

・My schedule is flexible.:私の予定は融通が利く。

・I can deal with unexpected situations flexibly.:私は予想外の事態でも臨機応変に対応できます。
deal with:対処する
unexpected situations:予想外の事態
flexibly:柔軟に flexibleの副詞

 



depending on the situation:状況に応じて

depending on ~:~によって、~に応じて」という意味になります。

 

Depending on the situation I will call you later.:状況によって、あとで電話するよ。

・We should leave the house depending on the time and situation.:時間と状況によっては家を出発しなければいけない。
leave:去る、出発する

 

おわりに

今日は、「臨機応変に」の英語での表現でしたが、いかがでしたか?

play it by ear」はよくネイティブの方が使っているのですが、初めて聞いたとき何のことだかサッパリわかりませんでした(笑)

耳がどうしたの?みたいな(笑)

しかし、このフレーズを知っているだけでだいぶカッコいい!!かなと私は思います(笑)

外国人とお話しする機会がありましたら、臨機応変に話してみて下さいね!

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース

タイトルとURLをコピーしました