ドイツ語会話:~って知ってる?kennenとwissenの使い分け

みなさんこんにちは!

天気が崩れると頭痛がするレモンティーです!

 

今日のテーマは、「~って知ってる?」のフレーズになります。

ジブリって知ってる?

着物って知ってる?

Blutwurstって知ってる?

トムがどこにいるか知ってる?

彼女が結婚したの知ってる?

 

などなど色々なシーンで使えそうなフレーズですね!

 

英語では、「Do you know~?」で簡単に質問できてしまうのですが、ドイツ語はちょっと複雑です。

なぜなら、「知っている」を表す動詞が2つあるからです!

kennen(ケネン):知っている

wissen(ヴィッセン):知っている

これの使い分けが大の大嫌いでした!

 

かつて、大学のドイツ語の授業で、教授はこのように説明していました。

kennenは、自分の体験に基づいて知っている。

wissenは、知識、情報として知っている。

 

 

 

はぁ?

 

 

 

と思ったのが正直な感想です(笑)

ちなみにkennenとwissen当てはめミニテストは微妙な点数でした・・・。

 

ということで、ドイツ語を勉強しているみなさんの中にも、この2つ使い分け難しい問題に悩まされているのではないかと思い、カンタンに解説していこうと思います。

それでは、Los geht’s!!



kennenとwissen

実は、「kennen」と「wissen」の違いがもっとよくわかる見分け方があるんです!

kennen → 目的語は、名詞、代名詞、人物のみ
wissen → 目的語は、名詞、代名詞、副文がくる。

これが大きな違いなんです!!

 

まず、名詞 or 代名詞が入る場合の例文を見ていきましょう。

① Ich kenne ein gutes Cafe.
イヒ ケネ アイン グーテス カフェ
:私は、良い感じのカフェを知っています。

② Ich weiß ein gutes Cafe.
イヒ ヴァイス アイン グーテス カフェ
:私は、良い感じのカフェを知っています。

 

上記2つとも意味は同じですが、ニュアンスが全く違います!!

①kennenの方は、実際に行ったことがある良い感じのカフェを知っている。

②wissenの方は、人から聞いた良い感じのカフェを知っている。

という意味になるんです!!

 

なんだかめんどくせえええええ!!!

 

と、思っているあなた!

 

私もそう思います(笑)

 

ですが、ドイツ留学でわかったことがあります!

 

wissenを使うときは、だいたい副文がある・・・!!

そうなんです!

私、このことを留学中に気付いてしまったんです!

 

ちなみに副文とは、「~ということを知っていますか?」の「~ということ」の部分にあたります。

例えば、

北川景子が妊娠しているということを知っていますか?
Weißt du, dass Keiko Kitagawa schwanger ist?
ヴァイスト ドゥー ダス ケイコ キタガワ シュヴァンガー イスト
schwanger:妊婦

だったり、

彼がアメリカで勉強しているのを知っています。
Ich weiß, dass er in Amerika studiert.
イヒ ヴァイス ダス エア イン アメリカ シュトゥディァート
studieren:勉強する

 

まとめ
kennen
→ 目的語は、もの、こと、人物のみ

wissen → 目的語は、副文(~ということを)がくることが多い。

 

知っていますか?「kennen」

ちょっと文法チックな話が長くなってしまいましたが、ここからはフレーズ紹介になります♪

まずは、「kennen」の人称変化を見ていきましょう。

人称変化についてよくわかっていない方はコチラ

kennen:(経験として)知っている
ich kenne wir kennen
du kennst ihr kennt
er,sie,es kennt sie,Sie kennen

 

Kennst du ○○?(ケンスト ドゥー ○○)
Kennen Sie ○○?(ケネン ズィー ○○)

:○○を知っていますか?

 

・Kennst du Frau Schmidt?
ケンスト ドゥー フラオ シュミット
:シュミット夫人を知ってる?
Frau=Miss, Ms.

・Er kennt Tokyo gut.
エア ケント トーキョー グート
:彼は東京をよく知っている。

・Kennen Sie etwas von Goehthe?
ケネン ズィー エトヴァス フォン ゲーテ
:ゲーテの何かを知っていますか?(読んだことありますか?)
etwas:何か
von:~の =of

 

リンゴちゃん
リンゴちゃん

Kennst du Korokorochikichikipeppers?
(コロコロチキチキペッパーズって知ってる?)

レモンちゃん
レモンちゃん

Nein, das kenne ich nicht.
Ich kenne Red Hot Chili Peppers.

(ううん、それ知らないや。
レッドホットチリペッパーズなら知ってるんだけど。)



知っていますか?「wissen」

次は、「wissen」を使った文章になります。

最初にもお話した通り、「wissen」の後には副文が続くのがほとんどですね☆

まずは、「wissen」の人称変化から見ていきましょう。

wissen:(知識、情報として)知っている
ich weiß wir wissen
du weißt ihr wisst
er,sie,es weiß sie,Sie wissen

※ich と er,sie,es の動詞の形に注意!

 

Weißt du ~?(ヴァイスト ドゥー)
Wissen Sie ~?(ヴィッセン ズィー)
:~を知っていますか?

 

・Wisst ihr, wo Tom wohnt?
ヴァイスト ドゥー ヴォー トム ヴォーント
:君たちは、トムがどこに住んでいるか知ってる?
wo:どこ =where
wohnen:住む

 

・Wir wissen nicht, ob sie kommt.
ヴィア ヴィッセン ニヒト オプ ズィー コムト
:彼女が来るかどうか、私たちは知らない。
ob:~かどうか
kommen:来る

 

・Ich weiß, dass meine Mutter Interesse für Deutsch hat.
イヒ ヴァイス ダス マイネ ムター インテレッセ ヒュア ドイチュ ハット
:母がドイツ語に興味を持っていることを知っている。
meine Mutter:私の母
Interesse für 4 (an 3) haben:~に興味を持つ

 

いちごちゃん
いちごちゃん

Ich weiß nicht, warum sie das getan hat.
(なぜ彼女がそんなことをしたのかわからないわ。)

リンゴちゃん
リンゴちゃん

Ihr ist alles recht, um Schokolade zu essen…

(彼女はチョコを食べる為ならなんでもできるからね・・)

 

●ミニテスト●

今日散々「kennen」と「wissen」をやってきたわけですが、早速ミニテストに移りたいと思います(笑)

動詞の形に注意してね!

 

① ( ) du Ghibli?
:ジブリって知ってる?

② Sie ( ), warum Tom Japanisch lernt.
:彼女は、なぜトムが日本語を学んでいるのか知っています。

③ Ich ( ), dass du gut kochen kannst.
:君が料理上手だって知ってるよ。

④ ( ) Sie Blutwurst?
:ブラッドソーセージをご存知ですか?

⑤ Yuri ( ) deine Freundin.
ユリはあなたの彼女を知ってるよ。

 

 

●答え●

① (Kennst) du Ghibli?

② Sie (weiß), warum Tom Japanisch lernt.

③ Ich (weiß), dass du gut kochen kannst.

④ (Kennen) Sie Blutwurst?

⑤ Yuri (kennt) deine Freundin.

 

いかがでしたか?

間違えてしまったら、もう一度解説を読んでみてね!

 

おわりに

今日は、ドイツ語で「~知っていますか?」のフレーズと、wissen、kennenの違いについてでしたが、いかがでしたか?

みなさんの理解度がより深まっていただければ嬉しいです><

そして、「Blutwurst」という単語が2回ほど出てきましたが、これは、血のソーセージのことです(笑)

みなさんご存知でしたか?

というのも、血液を材料にして作ったソーセージで、ドイツの変わった料理なんだとか。

血の風味が独特で美味しい・・・?!のかどうかはわかりません。

ちなみに「tote Oma 死んだお祖母ちゃん」と言われています。

ドイツに行ったらこれを勧められたので、全力で断りました(笑)

試してみたい方は是非・・・・!

「ドイツ語会話:酔っぱらっちゃった!二日酔いなんです!」を読みたい方はコチラ
「ドイツ語 ~をしたい!を言ってみよう!」を読みたい方はコチラ
もっとドイツ語を上達させたい方はコチラ
タイトルとURLをコピーしました