ドイツ語:いろいろな意味を持つBitteの使い方まとめ

みなさんこんにちは!

レモンティーです!

 

今日は、今までもちょこっと紹介してきた「Bitte ビッテ」についてのお話です^^

よく、「Bitte」ってどういう意味なの?と質問されることがありますが、正直回答に困ってしまいます。

なぜなら、たくさんの意味があるから・・・

英語の「please」と同じだけど、それ以外にもいろんなところで使われているよ。

と答えています。

なので、今日は「Bitte」の持つ意味と、どんな場面でよく使われているか、紹介していきたいと思います!

それでは、Los geht’s!!

「ドイツ語でありがとう 感謝の気持ちを伝えよう」を読みたい方はコチラ
「ドイツビールで乾杯しよう!乾杯時のマナーってなに!?」を読みたい方はコチラ


 

ドイツ語 Bitteの意味

①「どうぞ!」のBitte

料理が運ばれてきたとき、駅でチケットをもらうとき、レジで商品をもらうとき、店員さんは「どうぞ」とひと言言葉を添えますよね。

日本だと、「こちら、商品になります。」の言葉。

ドイツ語だと、「Bitte!」だけでOK!

より丁寧な表現の「bitte schön ビッテ シェーン」が使われることもあります。

レモンちゃん
レモン店員

Bitte schön!

(お待たせしました、こちら商品になりまーーす!)

リンゴちゃん
リンゴちゃん

Danke schön!

(どうもありがとう!)

 

②「どういたしまして」のBitte

「ありがとう」という感謝の言葉に対しての「どういたしまして」です。

「Bitte」だけでなく、先ほど紹介した「Bitte schön」や「Bitte sehr.」などの丁寧な言い方もあります。

 

レモンちゃん
レモンちゃん

Vielen Dank für deine Hilfe!

(助けてくれて本当にありがとう!)

ちびレモン
ちびレモン

Bitte.

(どういたしまして。)

 

③「Please」と同じ意味のBitte

英語の「please」と同じように使います。

また、文章に入れることによって、より丁寧な言い回しになります。

Bitte!= Please! :お願い!

Noch ein Bier bitte!= One more beer, please! :ビールもう一つ下さい!

レモンちゃん
レモンちゃん

Sag mir bitte!!!

Bitte! Bitte! Bitte!

(教えて下さーーい!!

お願い!お願い!お願い!)

いちごちゃん
いちごちゃん

Nein.

(嫌です。)

④「え?なんて?」のBitte

相手の喋った内容が聞き取れなかったときに使います。

正しくは、Wie bitte?:なんて言いましたか?

となりますが、Bitte?だけでもよく使われます。

レモンちゃん
レモンちゃん

Wollen*}@{‘P<~|ー?

リンゴちゃん
リンゴちゃん

Bitte?

(なんて?)

 

レモンちゃん
レモンちゃん

Wollen wir zusammen ein Glas Wein trinken?

(一緒にワインでもいかが?)



⑤「何にしますか?」のBitte

パン屋さんや市場、駅構内の売店などでよく使います。

お店で商品を見ていると、「Bitte? 何にしますか?」と聞かれるので、「これ下さい」と答えましょう。

レモンちゃん
レモン店員

Bitte?

(何にします?)

ちびレモン
ちびレモン

Einmal Brezel, bitte.

(プレッツェル1つ下さい。)

⑥「お先にどうぞ」のBitte

デパートや、学校、アパートなど、ドアを開けようとしたとき向こうにも人がいた!なんてこと多々ありますよね。

そんなときに使うのが、「Bitte. お先にどうぞ」です。

レモンちゃん
レモンちゃん

Bitte sehr!

(お先にどうぞ!)

いちごちゃん
いちごちゃん

Danke sehr!

(ありがとう!)

レモンちゃん
レモンちゃん

Kein Problem!

(どういたしまして!)

おわりに

「Bitte」の使い方は理解できましたか?

使い道が多すぎて最初は混乱してしまうかもしれませんが、とりあえず「Bitte」だけ言ってればなんとかなります(笑)

むしろとても便利な言葉なので、どんどん使っていきましょう^^

 

●おすすめドイツ語参考書●

ドイツのことば図鑑

 

街歩きのドイツ語

タイトルとURLをコピーしました