ドイツ語:分離動詞って何?文章の作り方を徹底解説!

みなさんこんにちは!
レモンティーです^^

今日は、ドイツ語の分離動詞についてお話していきたいと思います!

私は大学で初めてドイツ語を学んだのですが、動詞って分離しちゃうの!?どゆこと!?

とパニクりました(笑)

だって、動詞が分離するっておかしくないですか!?(笑)

なので今日は、分離動詞って何なの!?難しいの!?という方のために、解説していこうと思います^^

それでは、Los geht’s!!

 

ドイツ語:分離動詞と非分離動詞

さて、分離動詞を語るには、非分離動詞のことも書かなくてはなりません。

と言っても、めちゃ簡単です☆

分離動詞 → 動詞が2つに分かれる
非分離動詞 → 動詞が分かれない
 
つまり、分かれるか分かれないかの違いなので、難しく考えないで下さいね^^

さて、動詞が分かれるという分離動詞ですが、イマイチ想像ができないと思うので、どういった動詞がどんな風に分かれるのか見ていきましょう。

●分離動詞●

anmachen アンマッヘン :スイッチを入れる

an と machen が分離します。

Ich mache das Radio an.:私はラジオをつけます。

ausmachen アウスマッヘン :スイッチを消す

aus と machen が分離します。

Er macht den Ofen aus.:彼はストーブを消します

abfahren アップファーレン :出発する

ab と faharen が分離します。

Der Zug fährt sofort ab.:列車はすぐに出発します。

いくつか分離動詞を紹介しましたが、「動詞が分離する」というのは伝わったかなと思います!

そして、分離する前綴りの部分は、文章の一番後ろへ移動しますよ!

分離動詞、非分離動詞の見分け方

では次に、どうしたらその動詞が分離動詞か非分離動詞か見分けることができるのでしょうか?

実は分離動詞の場合、前綴りに何があるかによって見分けることができるんです^^

以下の前綴りがあるとき、動詞は分離します。

ab, an, auf, aus, bei, fort, her, hin, los, mit, nach, vor, weg, zu, zurück, など

結構多いーーー!!!><

ですが、ドイツ語の問題集や独検などの数をこなしていくと見慣れてくのか、段々と見分けられるようになってきます!

・Yuka kommt um 9 uhr an.
:ゆかは9時に到着する。
ankommen:到着する

・Ich bringe dir die japanische Kultur bei.
:私はあなたに日本文化を教えます。
beibringen:教える

・Was hast du morgen vor?
:明日は何をするつもりですか?
vorhaben:企てる

 

そして、逆にこの前綴りがあると分離しないよ!というものもあるので、一緒にチェックしましょう!

以下の前綴りがあるとき、動詞は分離しません

be, emp, ent, er, ge, miss, ver, zer, など

覚えるなら、こちらの方が数が少ないので楽ですね!

ですが、先ほども言ったように、数をこなしていくと段々わかるようになってきます。

私は上記の前綴りを覚えたことはないです。

ドイツ語の勉強をしていたら、これは分かれないなとか、これは分離してたな、と自然とわかるようになっていました。

・Yuta verlässt heute seine Eltern.
:ゆうたは今日両親のもとを去ります。
verlassen:去る・離れる

・Sie empfiehlt mir dieses Buch.
:彼女は私にこの本を勧める。
empfehlen:推薦する

 

最後は、分離・非分離の両方に使う前綴りです。

分離・非分離動詞で使われる前綴りは以下になります。

durch, hinter, über, um, unter, voll, wider, wieder, など

umarmen :抱きしめる

um|steigen:乗り換える

unterschätzen:低く評価する

unter|gehen:(太陽・月が)沈む

 

また、全く同じ動詞なのに分離動詞、非分離動詞の両方を持つものもあります。

例えば、übersetzenという動詞です。

これは、分離動詞でもあり非分離動詞でもあるので注意が必要です!!

übersetzen → 翻訳する
über | setzen → (岸へ)渡る

 

前綴りの持つ意味

そもそも、なんで分離動詞なんてあるのでしょうか!

ややこしいし、文章作るときにめんどくさい!!

と、お考えのあなた!!!

 

お気持ちよくわかります^^

 

ですが、分離動詞の前綴りって、実は動詞の意味をより推測しやすくしてくれるんです!!!

どういうことかというと、前綴りにはそれぞれ意味があります。

例えば、

ab:離れる・引き離す、 weg:離脱・除去・奪取、 los:分離・解放、 aus:外に・外へ、 an:向かって・めざして、 zurück:元の方向へ

こんな感じでそれぞれ意味があります。

ここから簡単に単語の意味を推測できるんです!

weg|gehen:離脱+行く出発する・立ち去る

ab|werben:引き離す+募集するスカウトする

zurück|kommen:元の方向へ+来る戻ってくる

 

どうでしょうか?

単語の意味が分からなくても、前綴りでなんとな~く意味が推測できますよね!

 

おわりに

今日は、ドイツ語の分離動詞・非分離動詞についてでしたが、いかがでしたか?

おそらく初めてドイツ語を始める方は、なんだか難しそうーーー!!やだーー!!と思ってしまうかもしれませんが、やっぱり1番はたくさんドイツ語に触れて、慣れることです!

私が語学学校に通っていた時も、何回も何回もいろんな単語が出てきて、調べての繰り返しでしたが、慣れれば分離か非分離かは一瞬だし、単語の意味もなんとなくで推測できたりします。

みなさんも一緒に頑張っていきましょうね☆

レモンティー一押しの参考書。初心者の方のための入門書です。
読むのがメインではなく、文章を書くことがメインになっています。

 

リスニングを強化させたいならこちらの1冊がおすすめです。
何も見ずに聞く、文章を見ながら聞く、シャドーイングする。の順番で練習するとより力が身に付きます。

タイトルとURLをコピーしました