バイリンガル育児日記:1歳半、ついに噂のORTに手を出してみた。

みなさんこんにちは!
レモンティーです^^

今日は、ずーーーーーーっと前から気になっていたORT・・・
オックスフォードリーディングツリー(Oxford Reading Tree)の絵本を購入してしまった話をしようと思います。

 

ORTって何?

英語育児をしていると、ORT、つまりオックスフォードリーディングツリーという言葉をよく目にすると思います。

英語育児をされているいろんな方のインスタやブログでよく見かけるんですよね。

私も最初は、 ORT・・はて、何のことやら?
って感じだったんですけど、調べていくうちに試してみたくなったのです!

 

●ORTとは●
・イギリスの80%以上の小学校で採用されている国語の教科書。
・ネイティブの子供たちが使う自然な英語でつづられている。
・10段階にレベル分けされていて、頻繁に使う表現が繰り返し登場する。
・物語はおもに主人公キッパー少年と、その家族や友達の日常生活。

ORTの特徴はこんな感じです。
ホームページもあるので、コチラから覗いてみて下さい♪

 

ORTってどんな絵本?

まず、ORTの絵本はレベル別に分けられていて、読み進めるにつれて難しくなっていきます。
ステージ1、ステージ1+、ステージ2、ステージ3、ステージ4、ステージ5、ステージ6、ステージ7、ステージ8、ステージ9まであります。

ざっくり分けるとこんな感じですが、とにかく冊数が多い!!!
合計228冊もあるんですよ・・・!

1番簡単なのがステージ1なので、とりあえずステージ1から始めよ♪
と思ったのですが、種類が多すぎてどれから始めたら良いのかわからん。

というわけで、私が購入したORTステージ1について紹介したいと思います^^

 

ORTステージ1について

ステージ1は、6冊セット×4種類の24冊です。

・Wordless Stories A(6冊)

文字なしのストーリーです。

 

・Wordless Stories B(6冊)

文字なしのストーリーです。

 

・First Words

簡単な単語が出てきます。

 

・More First Words

簡単な文章が出てきます。

ORTを初めから購入すると、文字なしの絵だけのストーリーになってしまうんですよね。

正直、文字がないのにお金を出したくないのが本音・・・(笑)

値段もそこそこするしな・・・。
と考えた結果、

私はステージ1の「First Words」と「More First Words」を買うことに決めました^^
ですが、息子が興味を示さなかったら絶望するので、まずは図書館で借りて反応を見てから♪

そしたら思いのほか食いつきが良く、これは購入してみよう!となったのです。

 

ORTはどこで購入できる?

ORTの主な購入場所は、
・公式HP
・アマゾン
・楽天
・メルカリ
以上の4つです。

私はアマゾンで購入しました☆
それがこちら↓↓になります!

Stage1 First Words
Stage1 More First Words

「First Words」の方は図書館で借りて読んでいたので、息子も気づいたのかさっそく読んでいました。

そして、「More First Words」は語数がほんの少~し増えているそうですが、どれくらい違うのか比べてみると・・・

Stage1 First Words
Stage1 More First Words

「First Words」の方は、名前を繰り返し呼んだり簡単な単語が出てきますが、「More First Words」は3語文くらいのものが繰り返し出てきます。

ストーリーの最後には可愛らしいオチがあり、私も息子も大満足です^^
今のところ購入してから毎日これ読んでと持ってきてくれます♪

ステージ1のストーリーが物足りなくなってきたら、ステージ1+の方を購入予定です。
その時はまたブログにて感想を書いていこうかなと思います。

●ORT Stage1 First Words●

 ●ORT Stage1 More First Words●

公式HPからの購入はコチラ

おわりに

これから英語育児を考えている方、英語の絵本を迷っている方に、オックスフォードリーディングツリーはとってもオススメです^^

ORTの良い所は、

・文章の短さ
・幼児にとって長すぎないページ数
・好みの絵柄 (人によるけどw)
・最後の可愛らしいオチ
・難易度のレベルアップができる
・同じ文章が何回も繰り返される

という点で、買ってみようと思ったきっかけです。

興味はあるけど、もし子供が気に入らなかったら・・・という方は、一度図書館で借りてみて下さい。

私もお金を絶対無駄にしたくなかったので(笑)、反応を見てからにしました。

あくまでもお子さんが楽しいと思える本と出会わせることが重要だと思うので、是非お子さんといろいろな英語絵本を楽しんでくださいね^^

タイトルとURLをコピーしました