初めてのホームステイ!成功の秘訣!



ホームステイとは

ホームステイとは、簡単に言うと、留学先で現地の一般家庭とともに生活をすることです!

聞いただけでドキドキわくわくしますよね!!全く知らない外国のご家族と一緒に暮らすなんて!

 

ちなみに私は、オーストラリア(超短期)とドイツ(約1年で2回)でホームステイの経験があります。

ここでは私の実体験をもとに、皆さんにホームステイについてお話しできたらと思います!

ホームステイ先の家族構成をチェック!

数多くのご家族がいるので様々ですが、ここでは私の場合を例に挙げていきたいと思います。

  • オーストラリア …シングルマザーのファミリー(同い年くらいの子2人)
  • ドイツ(1回目) …子供(小学生)のいるファミリー
  • ドイツ(2回目) …子供(同い年くらい)のいるファミリー

他にも、私の友達は老夫婦のご家庭だったりと様々です。

どのご家庭も基本的には共働きがほとんでした。

また、中には私以外にも同じ家にホームステイしている外国人もいます。

どの家族もホストファミリーとして慣れていたからか、特にトラブルもなかったです。

わからない単語や質問の意味が分からなくてもゆっくりと話してくれたり、私のつたないドイツ語も最後までしっかりと聞いてくれました!

 

個人的に思うのは、自分と同じ年齢のお子さんがいるご家庭がおすすめです。始めは特にそういった希望を出していなかったのですが、お子さんの年齢によって、自分の海外生活が多少左右されるということです。

どういうことかというと、年齢が近い場合、同じような話題で盛り上がれるということです。ほとんどの人が語学習得を目的として留学していると思うので、共通の話題ができるということは、外国語を話す機会がグッと上がります。

 

私は同じくらいのお子さんがいるご家庭にホームステイした時は、その息子さんや娘さんが日本のアニメに詳しかったので、一緒にアニメを見たり、さらに友達を呼んでみんなで飲みに出かけることが多くありました。

一方、私の中国人の友達の例ですが、ステイ先のお子さんがまだ幼く、夜に帰宅するのは子供に悪影響を与えるからと門限20時までとなっていました。

 

全部がそういったご家庭ではないですし、当たり外れもあるので一概には言えませんが、同じホームステイでもご家族によってはかなり違う留学生活となりえるのです。

 

自分のホームステイ先が決まり次第、語学学校もしくは留学エージェントから、そのお家の家族構成や自分以外の留学生の有無なども教えてくれると思いますのでご安心くださいね!

 

ホームステイ中の食事は?

ホームステイ先での食事ですが、基本的に

  1. 朝食付き
  2. 朝食&夕食付き
  3. 朝食&昼食&夕食付き(お昼はお弁当を持たせてくれる)
  4. 食事なし(キッチンを借りて自炊)

の4つに分けられます。

どれをつけるかによって費用もだいぶ変わりますが、私は朝&夕食付きにしました。

せっかくなので、家族でお喋りしながらご飯を楽しみたいですよね!語学力アップにもつながりますし!

ここで問題なのが、食事がまずかった…とかになりますが、これはもはや運です…(笑)

実際にホームステイをする前に、アレルギーや嫌いな食べ物、好きな食べ物などのアンケートがあるで、これである程度は回避できます。

あとは運に任せましょう!(笑)

お家のルール、マナーをしっかり守ろう!

  • 挨拶は相手の目を見てしっかりと!
  • 感謝をきちんと表現しよう!
  • 食器の片づけ、浴槽、トイレ掃除などは積極的に!
  • にっこにこの笑顔で!

 

いくらお金を払って住まわせてもらっているとはいえ、あなたも家族の一員です!

ゲスト気分ではなく、最低限のマナーはしっかりと守りましょう!

下手でもOK!コミュニケーションを取ろう!

英語がまだ話せないから…。

言ってることが聞き取れないから…。

私が会話に入ったら流れを止めちゃうし…。

 

そんな考えはいますぐ捨てましょう!簡単な文章でもジェスチャーを使ってでもとにかくコミュニケーションをとってください!

勇気が出ない気持ちも不安な気持ちもわかりますが、ホストファミリーはあなたがどんな人なのか、何に興味を持っているのか、なぜこの国に来たのか、あなた自身について知りたいと思っているはずです!

英語ができないのは百も承知です。そのための留学、ホームステイなのですから!

 

また、日本にいるうちに可能であればオンライン英会話などで話す練習をしたり、英語に触れて少しでも単語を増やしていきましょう!

「ホームステイのお土産どうする?実際に渡したもの5選」を読みたい方はコチラ
「何作る?ホームステイ先で喜ばれる日本食は!?」を読みたい方はコチラ
「ドイツでヤバイ人とルームシェアした話」を読みたい方はコチラ



タイトルとURLをコピーしました