英語でスマートな自己紹介

みなさん、こんにちは!

レモンティーです。

 

今日は英語で「自己紹介」について。

 

語学学校、ホストファミリー、職場、、

などなど、1番最初に自己紹介しますよね!

 

昔学校で習った感じに言えばいいのかな?

どんなこと言ったらいいんだろう?

と、初めはこれで合ってるのか、何を話したらいいのかわからないと思います。

 

今日は、ネイティブにきちんと伝わるスマートな自己紹介についてお話ししたいと思います!




挨拶する

まずは、元気よく挨拶から!

 

・Hi:こんにちは

・Hello:こんにちは

・Nice to meet you:はじめまして

・I’m glad to see you:お会いできて嬉しいです

 

自己紹介では、いきなり自分の名前を言うのではなく、まず挨拶から入ります。

 

英語で名前を言う

みなさん、名前を言うとき、

My name is ○○:私の名前は○○です。

と学校で耳にタコができるくらい習ったと思います。

ですが、実際この表現使ってる人は私の周りにいませんでした・・

かしこまり過ぎているというか、ご丁寧すぎるというか・・

 

ただ、全く使わないかと聞かれたらそうでもなく、フォーマルな場や、サイトの自己紹介文に、”My name is ○○.”がよく使われていました。

 

私が自己紹介したときは、パーティーなどで友達の友達に会ったときが多かったので、かしこまって言うような場ではなかったんですよね。

 

では、カジュアルに名前を言うときはなんて言うのでしょうか?

 

・I’m(I am) ○○ :私は○○です。

・Hi. ○○ :こんにちは、○○です。

 

私の周りでは、もはや”I’m”を省略し、

Hi. Sebastian.:こんにちは、セバスチャンです。

みたいな感じになってました。

あまりにも速すぎる為、何回も聞き返してました(笑)

 

レモンちゃん
レモンちゃん

Hello, I’m Lemon‐chan.

(こんにちは。私はレモンちゃんよ!)

リンゴちゃん
リンゴちゃん

Hi. Apple-chan.

(こんにちは。りんごちゃんです。)

英語で出身地を言う

目の前の人がどこ出身なのか、非常に気になるところです(笑)

よく聞かれる質問なので、しっかりと出身地も紹介しましょう。

 

・I’m from 都市, Japan:私は日本の○○出身です。

・I was born in 都市, Japan:私は日本の○○生まれです。

from:~出身
be動詞 born:生まれる

 

”I’m from Japan.(日本出身です)” でも十分なのですが、高確率で日本のどこ?!東京!?と聞かれるので、都道府県も言っておいた方が良いと思います。
ちなみに、東京、京都以外の都道府県出身だと、「ふ~ん。」と相手の興味が薄れます(笑)

 

いちごちゃん
いちごちゃん

Where are you from?

(どこ出身ですの?)

レモンちゃん
レモンちゃん

I’m from Japan!

(日本だよー☆)

いちごちゃん
いちごちゃん

Where in Japan!? Tokyo!?

(日本のどこですの!?東京!?)

レモンちゃん
レモンちゃん

No. I’m from Saitama.

(いやいや!埼玉よー!)

いちごちゃん
いちごちゃん

Oh,,,ok.

(あー、そうですの。)



英語で年齢を言う

絶対年齢なんて教えたくない!!という方、もちろん教えなくて大丈夫です!

私の周りは自分から年齢を言ってくる人はいませんでした。

いくつなの?とか、学生なの?みたいな質問の流れで答えることはありますが、初対面で自ら年齢を言ってくる人は少数ですよ!

 

・I’m ○○ (years old):私は○○歳です。

 

“years old”は省略されることが多いです。

 

英語で職業を言う

相手が一体何をしている人なのか。

これもまた気になる情報ではありますね(笑)

 

・I’m a student:私は学生です。

・I study 専攻科目 at 学校:私は~で○○を勉強しています。

・I major in ○○:私は○○を専攻しています。

・I work at ○○:私は○○で働いています。

・I’m a 職種:私は○○として働いています。

study:勉強する
work:働く
major:専攻する、専攻科目

 

ちなみに、

正社員:a full time job
アルバイト:a part time job

と言います。しかし、アルバイトでも正社員並みに労働してる方は、”a full time job”となります。

学生の場合は、

junior high school student:中学生

high school student:高校生

university student:大学生

graduate student:大学院生

の言い方がそれぞれあり、大学生、院生の方は、専攻科目(major)なども聞かれます。

 

●専攻科目●

・English literature:英文学

・linguistics:言語学

・politics:政治学

・economics:経済学

・education:教育学

・psychology:心理学

 

また、会社員の方も、どんな仕事をしているのか聞かれることがあるので、答えられるようにしておきましょう。

 

●職種●

・manager:経営者

・engineer:エンジニア

・salesman:営業マン

・consultant:コンサルタント

・secretary:秘書

・receptionist:受付

・clerk:店員

・guard:警備員

 

リンゴちゃん
リンゴちゃん

I study politics at university.

(私は大学で政治学を勉強してるよ。)

レモンちゃん
レモンちゃん

I work at a Japanese restaurant.

(日本食レストランで働いてるの!)

【キャリアパーク!就活エージェント!】

英語で趣味を言う

最後は、あなたの趣味(hobby)です!

自分の好きなこと、得意なこと、普段どんなことをしているか、などでOKです。

 

・I like ○○:私は○○が好きです。

・I like to ○○:私は○○することが好きです。

・My hobby is to ○○:私の趣味は○○です。

like:好き
to 動詞:~すること

 

●趣味●

・watch TV:テレビを見る

・go fishing:釣り

・read books:読書

・go shopping:買い物

・play video games:ゲームをする

・play sports:スポーツをする

 

ちびレモン
ちびレモン

I like to play video games.

(僕はゲームするのが好き。)

いちごちゃん
いちごちゃん

My hobby is to go to the opera.

(私の趣味はオペラを見に行くことですの。)

 

レモンちゃん
レモンちゃん

I like tennis!!

(テニス好きー!)

 

もし、共通の趣味が見つかれば、お友達ともっと仲良くなったり、お話も盛り上がると思いますよ!

 

最後に

ワーホリや留学などで海外へ行くとき、自己紹介する機会がかなり多くあります。

実際にそのシチュエーションになってもテンパってしまわないように、ある程度の内容は頭の中に入れておくとスムーズに言葉が出てくると思います。

あと、私がよく聞かれた質問が、「なんでドイツ語を勉強しているの?」でした。

確かにヨーロッパっていろんな言語がある中で、なんでドイツ語?と思うかもですね!

 

また、アニメ好きや日本好きの方も多かったので、日本のことについて聞かれることもたくさんありました。

そういった質問にも少しづつ答えていけるようにしていきたいですね!

タイトルとURLをコピーしました