”I’m sorry” は「ごめんなさい」だけじゃない!?

みなさんこんにちは!

レモンティーです!

 

今日は、みなさんがよく知っている”I’m sorry.”についてです!!

そんなの意味知ってるよ~!

という方がほとんどだと思います。

”I’m sorry.”とは、相手に謝るとき、謝罪をするときに使いますよね!

 

しかーーし!!

実は、「ごめんなさい」以外の意味でも、日常会話でかなり使われているんです!!

では、相手に謝らないのに、どんなときに”I’m sorry.”を言うのでしょうか?

今日はそれについて紹介していきたいと思います!!




「ごめんなさい」以外のI’m sorry.

私の大好きな海外ドラマ「sex and the city」で、”I’m sorry.”がたくさん使われています。

そこで、なんで悪くないのに謝ってるんだろう?というシーンがいくつか出てくるんです。

I’m sorry.=ごめんなさい

と認識していると、なんだか不自然な会話になってしまうんですね。

 

例えば、「sex and the city2」の映画のセリフを書いていきます。

シャーロットとキャリーが電話中、シャーロットの娘がママにかまってもらいたくて、お菓子でベタベタになった手をシャーロットの大事な洋服につけてしまうシーン。

娘:Look at me!! Me me me!!(私を見て!ねぇねぇねぇ!!)
スカートをべチャっと汚してしまう・・
シャーロット:This skirt is vintage!!!(このスカートはヴィンテージなのよ!!)
キャリー:What skirt!?(どのスカート!?)
シャーロット:It’s the cream Valentino!!(クリームのヴァレンティノ!!)
キャリー:Oh…sweetie, I’m so sorry

セリフはこんな感じです!!

ヴィンテージ物のスカートが汚され、キャリーがシャーロットに”I’m so sorry…”と伝えましたね。

当時初めてこの映画を見たときは、キャリーが汚したわけじゃないのに謝っててえらい!!なんて思っていました(笑)

しかし、今になって見てみるとキャリーが謝罪しているわけじゃなかった・・(笑)

実はこれ、

お気の毒に・・」や「かわいそうに・・」という意味なんです!

 

他にも、ミランダのお母さんが亡くなり、キャリー、シャーロット、サマンサがお葬式に参加するときにもこの表現が出てきました。

キャリー:I’m so sorry.(悲しいわね)
シャーロット:So sorry.(大丈夫?)
サマンサ:You look great.(元気そう)

3人がミランダの方に駆け寄っていき、抱きしめながら言ったセリフです。

相手が悲しんでいるとき、「かわいそうだね、つらいね。」と言った意味になります。

特に謝罪しているわけではないので注意!

 

そして、映画やドラマの中だけでなく、実際に英会話スクールでも使っています!

小さいお子さんが一生懸命歌を歌ったりダンスをしていると、突然転んでしまうことがあります。

そんなとき、外国人の先生は ”I’m sorry.”と言って声をかけてあげるんです。

「かわいそうにね」とか「痛かったね」といった感じで使っています。

 

レモンちゃん
レモンちゃん

I feel sick. I have a fever.

(風邪っぽい。熱があるし・・)

リンゴちゃん
リンゴちゃん

I’m sorry. You should go to bed and keep warm.
(お気の毒に。ベッドに行って暖かくするべきよ。)

 

終わりに

今日は「sex and the city」のセリフから紹介していきましたが、いかがでしたか?

I’m sorry.:ごめんなさい。お気の毒に。

という意味があるのでしっかりと覚えておきましょう。

ドラマの中で「お気の毒に」と言う意味で使っているこの表現は、かなりの頻度で出てきますので、興味のある方は見てみて下さい!

過去記事「動画で英語を学ぶ!スラッシュリーディングの学習法!」を読みたい方はコチラ


「これだけでいいよ!」「もっと簡単な英語で話そう!」をポリシーに、アメリカ人が赤ちゃんのときから聞かされ成長とともに身につけた100のフレーズ集。

本気の人のための結婚相談所☆ Bridalチューリップ ☆

タイトルとURLをコピーしました