ひと言英会話:「go to~」と「go ~」の違いって何?

みなさんこんにちは!

レモンティーです!

 

今日は、みなさんの素朴な質問に答えるコーナーです。

「~へ行きます。」を表す英語表現、「go to ~」ってよく使いますよね!

・I go to school.:私は学校へ行きます。
・She went to Tokyo.:彼女は東京へ行きました。
・Let’s go to the museum!:美術館へ行こう!

 

私たちは「go to ~ = ~へ行く。」という風に記憶していると思います。

go:行く

to:(目的地)へ

しかし!

I’ll go home.:私は家に帰ります。

「go home」って、そういえば「to」が入ってないじゃない!!

  1. I’ll go home.
  2. I’ll go to home.

一体どちらが正解なんだ!?

と思い悩んで眠れない日々をお過ごしのみなさんに、ちょこっと文法のお話しをしようかなと思います!



go to + 名詞

  • go to school:学校へ行く
  • go to the station:駅に行く
  • go to Japan:日本に行く

ご覧のとおり、「to」が入るときは、必ず後ろに名詞が続きます!

例えばどんな名詞が続くかと言うと、

建物、施設、場所の名前、地名、国などです。

 

もし「to」を取ってしまったら、

  • I go school:私は学校行く。
  • I go the station:私は駅行く。
  • I go Japan:私は日本行く。

これだと文章として正しくありませんし、なんかカタコト?と思われてしまいますよね。

なので、これらの名詞には必ず「to : ~へ」が必要です!

 

go + 副詞

次に、みなさんが疑問に思っている「to」が不要なときです!

ところで、「go home」の「home」ってどういう意味だと思いますか?

home=家

って意味じゃないの??と、思いますよね!

実は、「home」には、名詞、副詞、形容詞としてそれぞれ意味が若干違うんです。

home
1.名詞 家
2.副詞 家に
3.形容詞 家の

「go home」の「home」は副詞として使われているので、「to」がなくても「家に」という意味になっていたんです!

go to home:家に に行く ×

go home:家に 行く

 

一見名詞っぽいけど副詞として使われている単語は、「home」以外にもたくさんあります。

・here (ここに) ・there(そこに) ・downtown(都心へ)・abroad(海外へ)・underground(地下に)・somewhere(どこかに)・inside(内側に)・upstairs(階上へ)・downstairs(階下へ)

これらの単語は「home」と同様、「to」は必要ないので、気を付けて下さいね!

  • He went there.:彼はそこへ行った。
  • We will go abroad.:私たちは海外へ行くつもり。
  • She went downstairs.:彼女は下の階へ行った。

go + ~ing

「~ing」の部分には主にスポーツや娯楽を意味する動詞が入ります。

・go shopping:買い物に行く
・go swimming:泳ぎに行く
・go camping:キャンプに行く
・go fishing:釣りに行く
・go skating:スケートに行く ・・・etc.

 

レモンちゃん
レモンちゃん

Do you want to go skiing next month?
(来月スキーに行かなーい?)

リンゴちゃん
リンゴちゃん

I’m sorry, but I’m going to go to Nagasaki.

(残念だけど、長崎に行く予定なの・・)

 

終わりに

今日は、「go to」と「go」の違いについてでしたが、いかがでしたでしょうか?

英会話をする上で、副詞だからとか、「~ing」をつけなきゃとか、文法についてはあまり深く考えないでくださいね!

初心者の方は、とにかくひと塊でこのフレーズを覚える!というのをやってみて下さい。

「go shopping」「go home」「go upstairs」そのままで覚えた方が会話の時にパッと言えるようになるので、頭で考えずに覚えたフレーズをそのまま口に出してみましょう

●英会話なるほどフレーズ100●

普段使える英会話フレーズがたくさん学べます。
生きた英語を学びたい人におすすめ。

タイトルとURLをコピーしました