ひと言英会話:~しておけば良かった!後悔を表すフレーズ。

みなさんこんにちは!

レモンティーです!

 

今日のテーマは、「~しておけばよかったぁ!」というちょっと後悔している感じの英会話になります。

最近は、もっとマスク買っておけばよかったぁ!!

とか、

もっと早く歯医者に行っていればよかったぁ!みたいな後悔があります・・

学生さんなら、もっと勉強しとけばよかったぁ!なんてこと多々ありますよね!

 

今日はこれらのフレーズについてご紹介致します^^

 

「ひと言英会話:臨機応変に、成り行きに任せましょう」を読みたい方はコチラ
「自宅でできる!おすすめ英語教材」を読みたい方はコチラ



「wish」を使った文章

まず1つ目は、「wish」を使った文章です!

そもそも「wish」ってどんな意味でしたっけ??

 

wish・・・望む、(幸運を)祈る

という意味なんです。

これを使って、「~しておけばよかった」と表現することができます。

 

I wish I had 過去分詞~.:~しておけばよかったなぁ。

ちょちょちょーっと待ったあああ!!!!

なんで「wish」の後に「had+過去分詞」が続くのーー!?

という疑問が浮かぶかと思います。

 

というのも、これは仮定法と呼ばれる文法を駆使しなければ言い表せないのです・・!

レモンティーは学生時代、仮定法は大嫌いでした(笑)

なので、簡単に説明しますね!(笑)

ちなみに、仮定法過去と仮定法過去完了の2つがあるのですが、話がややこしくなるので、今日は後者の仮定法過去完了の説明をします。

 

仮定法過去完了とは・・・

あの時、あれをしていたら・・・(してない)

あの日、あそこへ行っていたら・・・(行ってない)

あの瞬間、もっと素直になっていたら・・・(なってない)

つまり、「~だったら、~していれば、」みたいな仮想の世界のお話なのです!

 

仮想の世界なので現在から遠ざける為、時制をずらして過去形にして英文を作ります。

しかし!よく考えてみて下さい!

あの時彼にキスしていればよかった・・・。

 

ということは、「キスしていなかった

 

つまり、過去形(I kissed)に変えただけでは仮想の世界と区別がつかなくなってしまいますよね!

過去の事実に反する仮想を表現するには、またまた時制を1つずらして、過去完了(I had kissed)にする必要があるわけです。

時制を過去にずらすことによって、現実の世界と仮想の世界を切り離して考えるのが仮定法なのです!

ちょっと長くなってしまいましたが、過去の後悔を表すには、過去完了じゃないとダメ!ってことですね!

 

・I wish I had kissed him at that time.:あの時、彼にキスしておけばよかった。

・I wish I had studied harder.:もっと勉強しておけばよかった。

・I wish I had accepted your advice.:あなたの忠告を聞いておけばよかった。

 

レモンちゃん
レモンちゃん

I wish I had bought that bag‼

(あのバッグ買っておけばよかったわ!)

リンゴちゃん
リンゴちゃん

Seriously!?

It is too expensive!!

(本気なの!?

めちゃくちゃ高いわよ‼)

 

「should」を使った文章

さてもう一つは、「should」を使った表現になります!

「~しておけば良かった」=「~するべきだった」

と置き換えることができるので、「~すべき」の「should」を使います!

 

I should have 過去分詞~.:~しておけばよかったなぁ。

こちらは「~すべきだった」という過去の文章なので、 should + have 過去分詞という形になっております。

 

・I should have done.:しておけばよかった。

・I should have played soccer harder when I was young.:若い頃にもっとサッカーしとけばよかった。

 

リンゴちゃん
リンゴちゃん

I saw him at the party last night!

(昨晩パーティーで彼を見たわよ!)

レモンちゃん
レモンちゃん

Really!?

I should have gone there‼

(まじで!?
そこ行っとけばよかったあああ!!)

 

〇発音の注意〇
海外ドラマや映画などでも「I should have ~」という表現はかなり出てきます。
ところがどっこい、「should’ve シュドゥヴ」や「should have シュダ」と繋げて発音するのが一般的なので、聞き取れないなんてことも!
もしこのフレーズを使う機会があれば、ネイティブのように発音して、音に慣れてみてください!

 

I should not have 過去分詞~.:~しなければよかったなぁ。

「not」を入れて否定文にすると、「~しなければよかった!!」という表現もできます☆

 

・I should not have said no.:断らなければよかった。

・You should not have bought it.:買わなければよかったね。

 

レモンちゃん
レモンちゃん

I have a stomachache.
I shouldn’t have eaten so much cake‼
(お腹が痛いわ。。

あんなにたくさんのケーキ食べるんじゃなかった!)

いちごちゃん
いちごちゃん

Ohhh, I’m sorry.

(あらー、、

お気の毒ですわね、、)



おわりに

今日は、後悔を表すフレーズ「I wish I had ~」と「I should have ~」についてでしたが、いかがでしたか?

ちなみに、どちらの方が使いやすいな~と感じましたか?

個人的には「should」の文章の方が好きです!

しかし!!仮定法が嫌いだからこそあえて「wish」の方を使いたい気もします!(笑)

仮定法ってそんなビクビク毛嫌いするほど難しいものでもないんですよ!

確かに学生の頃は先生の話を聞いてもイマイチでしたし、すごく難しいイメージを持っていましたが、フタを開ければこんなもんか!って感じです♪

苦手意識があるならなおさら「I wish I had~」の方を使ってほしい所です!

とにかく自分が使いやすい方を覚えてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました