ドイツ語でありがとう!感謝の気持ちを伝えよう

みなさんこんにちは!

レモンティーです!

今日は、ドイツ語で「ありがとう」を伝えよう!がテーマとなっています^^

みなさんもおそらく耳にしたことあると思いますが、ドイツ語でありがとうは「Danke schön ダンケ シェーン」と言います。

これだけでも十分なのですが、他にもたくさんの「ありがとう」があるので、是非覚えていきましょう。

それでは、Los geht’s!!

ドイツ語「こんにちは」や「さようなら」などの基本的な挨拶集を読みたい方はコチラ

ありがとうを表すドイツ語

・Danke!(ダンケ):ありがとう!

最もよく使われる表現です。

英語で言うと「Thanks」と同じです。

とてもフランクな感じなので、友人や家族間で使われます。

 

・Danke schön!(ダンケ・シェーン):ありがとうございます!

こちらもよく使われる表現になります。

英語だと「Thank you」と同じですね。

 

・Vielen Dank!(フィーレン・ダンク):本当にありがとうございます!

vielenは「たくさんの」という意味があり、直訳すると「たくさんの感謝」になります。

Danke schönよりも感謝の度合いが上です。

 

・Herzlichen Dank!(ヘァツリッヒェン・ダンク):心から感謝します!

herzlichenは「心から」という意味で、ありがとうの最上級の表現ですね。

~をありがとうの表現

次は、「ありがとう」のひと言だけでなく、「~をありがとう」「~してくれてありがとう」などのちょっとした文章の表現になります!

 

Vielen Dank für ~!

英語の「Thank you for ~」と同じような使い方です!

 

プレゼントをありがとう!

Vielen Dank für das Geschenk!
(フィーレン・ダンク・ヒュア・ダス・ゲシェンク)

 

招待してくれてありがとう!

Vielen Dank für deine Einladung!
(フィーレン・ダンク・ヒュア・ダイネ・アインラードゥング)

 

お手紙をありがとう!

Vielen Dank für den Brief!
(フィーレン・ダンク・ヒュア・デン・ブリーフ)

 

どういたしましてを表すドイツ語

お礼を言われたら「どういたしまして」と伝えてみましょう!

・Bitte.(ビッテ):どういたしまして。

・Bitte schön.(ビッテ・シェーン):どういたしまして。

2つとも意味は同じですが、Bitte schönの方がより丁寧な言い方になります。

・Kein Problem.(カイン・プロブレーム):どういたしまして。

直訳すると「問題なし」、つまりNo problemという意味になります。



 

どんなシーンで使うの?

感謝を表す言葉なので当たり前ですが、人に何かをしてもらったり、いただいたりしたときにお礼を言いますよね!

ドイツで1番「Danke schön」を使ったのは、実はスーパーが多かったんです!

そもそも日本では、店員さんが「ありがとうございました!」とお礼を言いますよね。

ドイツでは逆で、レジが終わると「Schönen Tag noch!:良い一日を」や「Schönes Wochenende!:良い週末を」なんて言われるので、こちらが「Danke schön!」と返事をするわけです。

おわりに

今日は、ドイツ語での感謝の表現でしたが、いかがでしたか?

「ダンケシェーン」はみなさんも聞いたことがあると思うので、是非それ以外のフレーズも覚えてみて下さいね。

さらに「Vielen Dank für ~!」の文章も言えるようになるとカッコいいですよ!

 

気持ちが伝わる! ドイツ語リアルフレーズBOOK (CD付)

ドイツ語でのとっさのひと言やネイティブらしいリアルな口語表現などが学べる!

短くてシンプルな表現を、まる覚えして使ってみよう!

「了解」「そうかもね」「もちろん」「がんばって」「ありえない! 」「どっちでもいい」「さっきの話だけど」などなど対話例とともに計487収録!

タイトルとURLをコピーしました