バイリンガル育児日記:0歳~2歳まではおうち英語だけで良いんじゃない?

みなさんこんにちは!
レモンティーです^^

今日は、0歳~2歳までの英語学習についてお話していこうと思います^^

最近は0歳から英会話を習わせる方が非常に多いですよね。

私が英会話スクールに勤めていた時も、早くて6ヶ月の赤ちゃんが来ていたり、3歳の幼稚園に入るタイミングで通わせていたり。

みなさんは、なぜそんなに早くから英語を習わせたいのでしょうか。

・自分が英語が苦手で苦労させたくないから
・将来の幅が広がるから
・小学校から英語が始まるから

理由は人それぞれありますよね。

我が子の将来を考えて、少しでも早く英語教育に力を入れたいだなんて、講師をしていた私からしたら嬉しすぎます!!!(笑)

講師をしていた時は、みんなとレッスンするのが本当に楽しかったんです!><

英語は早ければ早いほど良い!!

私の息子も楽しく英語の歌を聞いていますよ^^

それでは、本題の0歳~2歳まではなぜお家英語だけで良いのかについてお話していきますね☆

0歳~2歳がおうち英語だけで良い理由

1つ目の理由は、人見知り、場所見知りがあるとそもそも教室の中に入ってこれない

今まで何人もの生徒を見てきましたが、体験レッスンで教室の中に入って来れないお子さんが結構いました。

そんなときは、講師陣が何とか楽しませて中に入れるか、即帰宅するかのどちらかなのですが、中に入れたとしても、レッスン中は泣くだけで終わることもしばしば。

2回目から慣れる子と、前回の恐怖を思い出して教室にすら近づけないお子さんもいました。

さらには、外国人レッスンの日は阿鼻叫喚です。

今まで出会ったことのない人間がわけわからん言葉でこっちに近づいて来る!!!

子供からしたらめちゃくちゃ恐怖ですよね^^;

2つ目の理由は、親子でする方が導入しやすい

よく、「うちの子英語が興味ないみたいなのよね。」という声を耳にしますが、「家でお子さんと一緒に英語学習してますか?」と聞くと、決まって「私はもう英語はいいかなって。」という返答が多いです。

子供に英語をやらせたかったら、お母さんとお父さんがまず英語に興味を持たないと、子供は興味を持ってくれません。

もちろんテレビやYoutubeで自ら興味を持つ子もいます。

3つ目の理由は、自宅の方が英語を生活の一部にしやすい

幼少期は、英語は「習う」というより「生活の一部として存在している」方が身に付きやすいです。

「英語」が家にあることが当たり前の環境づくりを始めることが、英会話スクールに通わせるよりも重要です。

もちろん英会話に通いつつ、おうちでしっかりお子さんと復習できているお母さんもいらっしゃいますが、習慣にするのはやはり難しく、スクール行ってるしおうちではいいかな。となってしまうパターンも多いです。

おうち英語は何をすれば良いの!?

おうち英語の方が良いって言うけれど、一体何をすれば良いの!?

英会話スクールであれば、プロの先生がカリキュラムに則ってレッスンをしてくれますが、お家だとそうもいきませんよね。

全てが親主導になるので、まずはアルファベット、英語の歌、絵本、、でも私もそもそも英語できる方じゃないし・・・

となってしまいます。

ですが、安心してください!

今はコロナ禍なのもあり、おうちでできる英語教材がたくさんあります!!

実際にスクールに通うより安いものもありますし、逆にお高いものまで様々です。

もちろん、教材内容や価格については無理のない、自分が楽しめるものを選んで始めて下さい。

ここで注意があるのですが、教材任せにしないことです。

先ほども言いましたが、親子で楽しくというのが、お子さんを英語好きにするきっかけでもあるので、お母さん、お父さんも一緒に取り組みましょう^^

英語が苦手でもお母さんやお父さんが興味を示していれば、「自分もやってみようかな!」と思ってくれるはずです^^

オススメのおうち英語教材

0歳~2歳だと、見る、聞く、というところから始まります。

なので、英語の歌英語の絵本が最適です。

我が家にも0歳児の息子がおり、英語教育の取り組みをしている記事を書いたので、是非参考にしていただけたらと思います。

英語の絵本は読みたいけど、ちゃんとした外国人の発音で聞かせたいな。

そんな方は、外注してしまいましょう^^

今は英語絵本にCDが付いていたり、親子での絵本の楽しみ方などをきちんと教えてくれる教材もありますよ。

こちらの教材は、0歳から2歳までのお子さんを持つファミリー向けの教材になっています。

毎月1回6ヶ月にわたり、絵本・CD・ガイドブック・WEBサービスが届きます。

ガイドブックもついてるので、初めての英語育児に導入しやすい教材ですね。

Baby English Laboについて知りたい方はコチラ↓↓

赤ちゃん向けCD付き英語絵本なら【Baby English Labo】

 

 

次は、海外の絵本を取り扱っているサイトをご紹介します。

30ヵ国を超える国と地域から選び抜かれた絵本を日本語翻訳し毎月自宅に届くというサービスですが、英語の絵本もいくつか販売されています。

全てにCDが付いているので、英語が苦手な方でも安心です^^
とても可愛らしい絵本が揃っているのと、なかなか手に入らないような外国の絵本が安く購入できるのが魅力です。

私はこちらのサブスク(1歳3ヵ月~)を考えているので、今後ブログで詳しく書きたいと思っています!

ワールドライブラリー英語絵本について知りたい方はコチラ↓↓

世界中で愛されている英米のベストセラー絵本の中から 厳選した絵本とAudio CDのセット WORLDLIBRARY ENGLISHシリーズを発売

ワールドライブラリー定期購入(日本語翻訳)について知りたい方はコチラ↓↓

月額1,300円(税・送料込)で、毎月世界の絵本をご家庭にお届けします。

 

 

また、何か英語の絵本を買うのであれば、マザーグースが元になっている絵本もたくさんあります。

これなら、歌を歌いながら読むこともできますし、Youtubeでマザーグースを検索すればいっぱい出てきますよ★

●Five little monkeys jumping on the bed

 

●The Wheels on the Bus

 

 

●Twinkle, Twinkle, Little Star

 

英語の音楽や絵本にいっぱい触れたら、次は英語で動画を見てみましょう。

子供向けの英語動画は、YoutubeやNetflix、英語教材などで視聴できます。

私はYoutubeでいくつかストーリー系のアニメを見せていますが、広告が多かったり、どんどん次の動画に行ったりして、何か別のものを考えているところです。

いつも息子が見ている動画をいくつか紹介しますね。

●Baby bus

 

●PAW PATROL

 

●Curious George

私はおさるのジョージが好きなのですが、息子にはまだ早いらしく、やっぱり「Super Simple Songs」の歌が1番みたいです^^;

 

Youtubeだと、広告やどんどん動画が流れてしまうので、それが気になるのであれば教材を買ってしまうのもありです!

こちらは、1日30分だけ英語のアニメを見ることで、楽しみながら英語を自然に身につけるというものです。

30分という縛りがあるので、動画を見すぎるという心配がないのと、忙しい時に動画を流しておけるというこちら側のメリットもあります。

教材は0歳~8歳向けで、動画の英語はアメリカンイングリッシュです。

サンプル動画を公開しているので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

(サンプル動画はコチラ)

 

 

次に紹介する教材は、めちゃくちゃ有名なあの教材です!

そう、こどもちゃれんじEnglish!!

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

実は、Englishではないですけど、こどもちゃれんじBabyを受講しています^^

Englishの方は1歳から受講可能で、2か月に1度教材が届きます

英語のDVD、英語のおもちゃ、英語の絵本などがあり、初めての英語でも抵抗なく楽しめるようなラインナップになっています。

また、元々こどもちゃれんじ受講者であれば、受講費も安くなりますよ^^

こどもちゃれんじEnglishについて知りたい方はコチラ↓↓

こどもちゃれんじEnglish

 

 

そしてもう一つご紹介するのは、ワールドワイドキッズ

こちらもベネッセの教材なんですよね。
私はこどもちゃれんじBabyを受講しているため、チラシがよく届いています。

チラシを読んでみたり資料請求をしてみたのですが、とにかくレベルが高い!!!!

特に良いなと思ったのが、親子で英語のコミュニケーションを取ることをお勧めしているところ

あと、海外でそのまま実践できるシチュエーションが学べる!!

まさに私が理想とするバイリンガル育児!!!!

がしかし、値段が高い!!!

0歳児向けだと、277,200円なり~。

資料を読めば読むほど魅力的な内容なので、正直こどもちゃれんじBabyではなくこっちを受講しようかなと考えたこともあったのですが、やはり価格が気になってしまう・・・

月1万の英会話スクールに数年通うのと比べたら安いですけどね><

ワールドワイドキッズについて知りたい方はコチラ↓↓

ワールドワイドキッズHP

 

 

もし何かおうち英語を考えているのであれば、参考にして頂けたらと思います!

私も息子と英語でもっといろいろなことをやっていきたいので、今後ブログにアップしていく予定です★

タイトルとURLをコピーしました