第1文型(SV)の基本!5文型を覚えて英会話を簡単に!

みなさんこんにちは!

レモンティーです!

 

今日は文法のお話をしようと思います!

タイトルにも書きましたが、「5文型」って覚えてますか??

第1文型~第5文型まであるやつです!(笑)
おそらく中学生の時に習ったはず!

英語の文章は、ざっと5つの種類に分けることができるんです。

なんとなーくおぼえてるかも!!という方もいらっしゃると思いますが、実はこれ、英会話を勉強する上でとっても重要です!!

 

英会話=できるだけシンプルにカンタンに相手に伝える

というのが今の時代の英会話ですね。

この5文型を覚えておくと、

・英文がどの文型のタイプか整理できる
・文型によって動詞の意味もわかる
・長い文章もシンプルに考えられる

というメリットがあるのです!!

覚えていた方も、忘れていた方も、もう一度一緒に復習していきましょう!

今日は第1文型の説明です!

ここからは、

S=主語、V=動詞、O=目的語、C=補語

と表記します。

過去記事「これだけは押さえよう!英会話に必要な英文法8選!」を読みたい方はコチラ




第一文型(SV)

第1文型(SV)は、見ての通り、主語と動詞のみで成り立っている文章です。

・I was in the kitchen.:私はキッチンにいた。
・My sister got up early in the morning.:私の姉は朝早く起きた。
・There were many people at the bus stop.:たくさんの人がバス停にいた。

 

SVだけじゃないじゃん!と思ったかもしれませんが、副詞や前置詞があるときは修飾語(M)に分類されます。

 

修飾語(M)とは、あってもなくてもかまわない要素のことです。

→ I was (in the kitchen).:私は(キッチンに)いた。

→ My sister got up (early in the morning).:私の姉は(朝早く)起きた。

→ There were many people (at the bus stop).:たくさんの人が(バス停に)いた。

となり、結局はSVだけでも文章は成り立ちます。

 

修飾語(M)の見分け方は、それがなくても通じるかどうか
ここでは前置詞+名詞副詞が出てきましたね。

 

第1文型の動詞は「いる、動く」という意味

実は、第1文型に入る動詞は「いる、動く」というイメージで訳してみるとカンタンなんです!

何の動詞かによって意味もそれぞれなんじゃないの?と思うかもしれませんが、基本的には「いる、動く」というイメージを持っていた方が訳しやすいです。

 

・The earth revolves around the sun.:地球は太陽の周りをまわっている
・We walked from the house to the station.:私たちは家から駅まで歩いた
・They made a mad dash for their car.:彼らは車の方へ猛ダッシュで駆け出した
・My mother stays at home this weekend.:母は今週末家にいる

 

例文を見てみると、「まわる」「歩く」「駆け出す」=「動く」という意味を持っていますよね!

例え分からない単語があったとしても、この法則を覚えておけば、イメージして訳せるようになるのではないでしょうか。

 

おすすめ参考書

文法を学ぶ&復習するのにおすすめの参考書をご紹介します!

中学の英文法、特に文型についての説明がシンプルに書かれています。
基礎を身につけたい方に!


文法のなぜそうなるの!?を一気に解決してくれる1冊です!
ある程度文法の知識があり、まだまだ疑問が残ってる方におすすめ!

 


英語をネイティブの感覚で理解できるようになる文法書です。
今まで難しいと感じていた前置詞や時制などがイメージで掴めるようになります!

 


世界中で売れている英文法書!もちろん中身は全て英語で書かれていますが、心配することなかれ!
イラストでの説明、英文法、演習問題も実用的でまさに”in use”!!
日本語→英語ではなく、英語で英語の説明を読んだ方が、意外とすんなり納得できるかもしれません!

 

終わりに

今日は、第1文型のお話しでしたが、どうでしたか?

SとかVとか懐かしいですね!塾講師のアルバイトをしていた頃を思い出します><

そして、最初にも言いましたが、5文型を覚えることによって、

・英文がどの文型のタイプか整理できる
・文型によって動詞の意味もわかる
・長い文章もシンプルに考えられる

というメリットがあります!!

英語を勉強中またはこれから勉強したい方も!まずは文型に注目してみて下さいね!


タイトルとURLをコピーしました